NHK
メディア掲載

「京都で一番」
 本当に美味しい食材を求めて… 。

大将では三十年の間、毎週欠かすことなく、
自ら水槽トラックを走らせて
福井の漁港の「セリ」で食材を仕入れています。

時には京都では出回らない食材を求め
北海道、三陸、四国と自ら出向き
本当に美味しい食材を厳選して、仕入れています。

大将は1965年から積み上げてきた
全国の漁業関係者様や漁師さんとの繋がりなど
沢山の人からの御恩で営業してきました。

これからも、その強みを活かして
本当に美味しい食材を厳選、提供していきます。

「京都で一番」
 本当に美味しい食材を求めて… 。

大将では三十年の間、毎週欠かすことなく、 自ら水槽トラックを走らせて 福井の漁港の「セリ」で食材を仕入れています。

時には京都では出回らない食材を求め 北海道、三陸、四国と自ら出向き 本当に美味しい食材を厳選して、仕入れています。

大将は1965年から積み上げてきた 全国の漁業関係者様や漁師さんとの繋がりなど 沢山の人からの御恩で営業してきました。

これからも、その強みを活かして 本当に美味しい食材を厳選、提供していきます。

食材の流通経路を見る

最新情報

y.taisho
その他の投稿を見る

若狭物


お造り、お寿司、越前蟹など
新鮮な海の幸をどうぞ。

狭の海産物は、京都では「若狭物」と呼ばれ、都の食文化を支える最高級の食材として珍重されてきました。

日本海の暖流と寒流が交わる若狭湾には、栄養価の高いプランクトンが湾内に多く流れ込みます。そのため、「若狭さば」や「若狭ぐじ」をはじめ、脂の乗った新鮮で美味しい魚種がたくさん水揚げされるからです。

大将は自社の水槽トラックで漁港まで直接買い付けに出向いており、活魚や旬物の鮮魚はもちろん。漁獲量が少なく京都の市場に出回らない珍しい魚なども仕入れ提供しています。

ぜひ、大将で若狭物をご満喫ください。

若狭物の定番メニューを見る

海道釧路の東に位置する厚岸は国内で唯一、1年中牡蠣が出荷できる牡蠣の名産地です。山や湿原の養分を含んだ淡水の川と太平洋の海水が混ざる厚岸湖で育った厚岸牡蠣は、身がふっくらとし、甘みがとても濃厚。

生食用に滅菌された厚岸牡蠣を、大将に到着後も滅菌装置付き生簀で管理し、注文が入るまで生きた状態で保存しています。新鮮で安全な牡蠣を大将でお楽しみください。

また、京都で見ることのない生本ししゃも(刺身)、生にしん(刺身)、毛蟹、花咲蟹、ぼたんえび、蝦夷あさり、幻のクロハモなどの北海道の旬物を現地直送で取り揃えております。

ぜひ、大将で北海道物をお楽しみください。

北海道物の定番メニューを見る

北海物


胸を張って言えること。
胸を張って言えること。

ソフト干物

新感覚の干物 “ソフト干物”を製造する機械を大将に導入いたしました!特殊な4方向からの冷風乾燥を行うことで、旨味を保ちつつ、ふわふわの状態で焼き上げることができます。大将が仕入れた若狭物、厚岸物を中心に数多くの魚をお楽しみください。

ランチタイム

ランチタイム限定のメニューは1000円のマグロ丼やウニの入った海鮮丼が1600円などお得なメニューが盛り沢山!大将自慢の食材を使った美味しいご飯をお手軽に楽しめるので是非ご来店ください。

日本酒

様々なルートを通じて全国から珍しい地酒や季節限定酒、幻の酒を仕入れ、常時40〜50種類のお酒を取り揃えています。美味しいお酒と美味しいお魚をお楽しみください。焼酎、ビール、カクテル、ワイン、ノンアルコールも取り揃えております。

店舗情報

OPEN
/

営業時間―11:00-14:00(L.O13:50)
               17:00-22:00(L.O21:30)
定休日 ―月曜日
     木曜ランチ(仕入れ日のため)
駐車場 ―6台(無料)

ADDRESS
/

〒607-8216京都府京都市山科区勧修寺東出町43ニュープラザ小野 1F
Google Maps
最寄り駅―地下鉄東西線「小野駅」徒歩1分
※予約はお電話でしていただけると確実にお席を確保できます!
Text Link

Lorem ipsum dolor s

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse varius enim in eros elementum tristique. Duis cursus, mi quis viverra ornare, eros dolor interdum nulla, ut commodo diam libero vitae erat. Aenean faucibus nibh et justo cursus id rutrum lorem imperdiet. Nunc ut sem vitae risus tristique posuere.

Lorem ipsum dolor s

Heading